ファイナンシャルプランナーを目指すならランキングで他の情報もチェックすべし!

ファイナンシャルプランナー3級の合格率は、学科試験と実技試験とで2種類の試験に合格しなければならないことから、それぞれ合格率が異なっています。

つまり、学科試験の合格率と、実技試験の2種類の試験とでそれぞれが違う合格率となっているという事です。
この点に注意です!

では、ファイナンシャルプランナー3級の合格率ですが
早速、中身を見てみましょう!



■ 学科試験       66%〜91%


■ 実技試験


・ 個人資産相談業務   29%〜71%


・ 生保顧客資産相談業務 61%〜91%


いずれも高い合格率となっている。
この数値だけを見る限りでは、ファイナンシャルプランナー3級においては、あまり不合格を意識しなくても良いように思える。

しか〜し、甘く見てはいけない。
特に実技試験の生保顧客相談業務においては、専門職がこの分野を受けることが多い為に普段から仕事等で保険業務などをしていない場合はこちらを選ぶべきではない。

合格率だけでは見えない部分もあるので、注意も必要です。
通常は、個人資産相談業務を実技試験で選ぶのがベターだ。

以上、ファイナンシャルプランナー3級の合格率でした。

なるほど!ファイナンシャルプランナー3級の合格率参考になりました。と言う方はランキングで一票頂けると嬉しいです。


sponsord link
ファイナンシャルプランナーを目指すならランキングで他の情報もチェックすべし!

ファイナンシャルプランナー3級資格を得るとどんな意味があるのか?これは素朴に知りたいところですよね。

受験する3級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、財団法人 金融財政事情研究会が開催する試験であり3級技能検定に合格する事で、2級技能検定の受験資格を得る事ができます。

通常2級試験は、2年以上の実務があれば試験を受けることが出来るが3級資格を得ることで実務経験が無くても2級試験を受験する事ができる。

以上の点から考えると、ファイナンシャルプランナー3級資格が必要な場合と必要でない人も出てくる。

2年以上の実務経験がある人は、ファイナンシャルプランナー3級資格がなくても、2級試験の受験資格があるからね。

なるほど!ファイナンシャルプランナー3級資格参考になりました。
と言う方はランキングで一票頂けると嬉しいです。


sponsord link